横浜国立大学理工学部の偏差値

横浜国立大学理工学部の偏差値

横浜国立大学は首都圏に存在する大学で、2011年に教育人間科学部および工学部から新しく理工学部が設置されています。

理工学部には9つの学科から成り立っており、前期日程と後期日程の二つに大別されます。

横浜国立大学の理工学部の偏差値は高く、河合塾によれば平均して55.0~65.0の間となり、難易度の高い傾向が見られます。

特に偏差値の高い学科は後期日程の機械工学が65.0となり、最も学科の中で高くなっています。

比較的に偏差値の低い学科は、物理工学でその偏差値は55.0、センター試験の得点率は75%ですが、他の学科よりほんの少し低い程度です。

ちなみに横浜国立大学のセンター試験の得点率では75%~86%を要するため、それが受験する場合のセンター試験の得点率の目安になります。

横浜国立大学理工学部の特徴

横浜国立大学理工学部の特徴

横浜国立大学は神奈川県横浜市にある国立大学です。国際的な研究を行っており、世界に多くの和を発信している大学です。

学部は教育学部や経済学部、理工学部など5学部あります。理工学部の特徴は3つの学科に分かれていることです。

それは機械・材料・海洋系学科と化学・生命系学科、数物・電子情報系学科の3つです。

理工学部は伝統があり、理学と工学を統合したことにより、幅広い分野の基礎知識を学ぶことができます。

また、各学科ともに、基盤教育に重点を置いているため、社会に貢献できる人材が育っているのです。

横浜国立大学は横浜市にある国内でも有数の国立大学です。そんな中でも理工学部は理工と工学を統合した独自路線で社会に貢献できる人材を輩出しているのです。

横浜国立大学理工学部の主な就職先

横浜国立大学理工学部の主な就職先

横浜国立大学は神奈川県横浜市にある国立大学です。国際的な研究をするための拠点として、グローバルな視点で学ぶことができる大学です。

学部は教育学部や経済学部、理工学部など5つの学部から構成されています。なかでも理工学部は高いレベルで理系の分野について学ぶことができます。

理工学部は3つの学科があり、専門性の高い授業が行われているのです。理工学部の特徴としては多くの人が進学します。

しかし、一部の人は民間企業に就職しています。主な就職先としては、情報通信系や建設業界が多くなっています。

具体的にはNTTドコモやKDDI、ソフトバンクなどの情報通信系や一条工務店や清水建設、大成建設などの建設業界などとなっています。