岡山大学理工学部の偏差値

岡山大学理工学部の偏差値

岡山大学は、岡山県の岡山市、北区津島中1丁目1番1号に本部を置く国立の大学で、1949年に設置されました。

「中国四国の学都」「美しい学都」の創生を、教育理念に掲げています。

岡山大学は、前身をふくめると中国四国地方で、もっとも古い伝統をもつ総合大学といわれ、学部もさまざまな多岐にわたっています。

創設当初は、5学部だった学部数は、約60 年の時を経て、11学部にまで増えています。理工学部の偏差値は、約68~60となっており、学科によって若干のばらつきがあります。

全国の大学と比較して、偏差値を高い順にならべてみると、岡山大学は15位となっています。向上心のある学生が、岡山大学の理工学部で、日々勉学に学んでいます。

岡山大学理工学部の特徴

岡山大学理工学部の特徴

岡山大学は岡山県岡山市に本部を置いている国立大学です。岡山大学は文学部や教育学部、法学部など12の学部と教育学研究科や社会文化科学研究科など7研究科が設置されています。

また、キャンパスは津島キャンパスと鹿田キャンパスの2つがあります。そんな岡山大学で高く評価されているのが理工学部です。

理学部と工学部の特徴としては高い専門性を学ぶことができることです。最先端の技術や考え方を取り入れた教育をしています。

そのため、変化する時代についていくことができる人材を育成することができているのです。基礎的なことから、専門的なことまで学ぶことができるのです。

岡山大学の理工学部では岡山県でも高いレベルの教育を受けることができるのです。

岡山大学理工学部の主な就職先

岡山大学理工学部の主な就職先

岡山大学は岡山県岡山市にある国立大学です。岡山大学では社会で活躍できる人材を育成しています。学部は文学部や教育学部、法学部など11部から成り立っています。

そして、理工学部とも言われている理学部と工学部は高く評価されています。理工学部は基本的に進学が一般的になっています。これは岡山大学でも同じ傾向があります。

しかし、一部の学生は一般企業に就職しています。主な就職先の業種としては製造業や情報通信業です。具体的に製造業としてはトヨタ自動車やヤマハ発動機、日立製作所などがあります。

情報通信業としては、NTTドコモやKDDIなどです。他にも、公務員やサービス業など幅広い就職先があるのが特徴となっています。