電気通信大学理工学部の偏差値

電気通信大学理工学部の偏差値

電気通信大学の理工学部は、1類、2類、3類の3つの学科に分かれています。

理工学部の偏差値は、各学科や模擬試験の業者によって異なってきます。電気通信大学の平均の偏差値は、最も低い数値では52、最も高数値では59になっています。

理工系全体の偏差値は、低い数値では53、高い数値では59になっています。各学科の偏差値は、理工学部1類の情報系では、低い数値では55、高い数値では61になっています。

理工学部2類の融合系では、低い数値では55、高い数値では61になっています。理工学部3類の理工系では、低い数値では54、高い数値では61になっています。

学科によって偏差値に開きがあるので、自分の志望学科を間違えないようにしましょう。

電気通信大学理工学部の特徴

電気通信大学理工学部の特徴

1949年に設立された電気通信大学は東京都調布市の多摩地区にあります。

電気や通信だけではなく生命科学や機械工学など理工学の基礎から応用まで幅広い分野での教育を行っています。

科学技術により現在の情報化社会を支える人材の育成の為に2016年から情報理工学部は情報理工学域と変わり、情報系や情報と理工を合わせた融合系、理工系という3つの類になりました。

3つの類には全部で14のプログラムがあり学生自らが幅広い分野から選択し学べるという特徴があります。

Ⅰ類の情報系ではメディア情報学や経営・社会情報学などをⅡ類の融合系ではセキュリティ情報学や電子情報学など、Ⅲ類の理工系では機械システムや化学生命工学などの専門分に分かれ学びます。

電気通信大学理工学部の主な就職先

電気通信大学理工学部の主な就職先

電気通信大学は東京都調布市にある国立大学です。電気通信大学は幅広い理工系分野にて強みを持っている大学です。

とくに、電気・通信分野は得意な分野となっています。一般的な理工学部は情報理工学研究科Ⅲ類にあたります。

そして、情報理工学研究科Ⅲ類は高い就職率を誇っています。主な就職先の業種としては、製造業や電気部品業、情報通信業などがあります。

具体的な就職先としては、日立製作所やKDDI、JR東日本などがあります。また、就職先は民間企業だけにとどまりません。国家公務員や地方公務員も就職先となっているのです。

電気通信大学は高い就職率を誇っています。専門的な知識を学ぶことができるので、社会で活躍できる人材となることができるのです。